インストールカーネル上の作業

うまく起動すると通常のインストール用メディアと同様にインストーラー、sysinst(8)が起動します。

sysinst(8)の終了

一旦、aのインストールを選択して、

sysinst(8)の起動

キーボードは変更しないでUS配列のままとして、

キーボードの選択

sysinst(8)のメインの画面の表示となりますが、

sysinst(8)のメイン画面

x を選択してsysinst(8)を終了します。

sysinst(8)の終了

デバイスの確認

ここでデバイスの状態を簡単に確認しておきます。まず、イーサーネットのデバイスを認識していることを確認します。と、言っても以下のようにifconfig(8)で存在していることを確認できれば十分でしょう。

# ifconfig -a
wm0: flags=8802<BROADCAST,SIMPLEX,MULTICAST> mtu 1500
	capabilities=2bf80<TSO4,IP4CSUM_Rx,IP4CSUM_Tx,TCP4CSUM_Rx,TCP4CSUM_UDP4CSUM_Rx,
        UDP4CSUM_Tx,TCP6CSUM_Tx,UDP6CSUM_Tx>
        enabled=0
	address: 52:52:00:xx:xx:xx
	media: Ethernet autoselect
	status: active
lo0: flags=8040<LOOPBACK,RUNNING,MULTICAST> mtu 33640
#

ディスクについては、以下のようなコマンドで良いでしょう。(インストールメディアには通常のgrep(1)などは入っていないため、sed(1)で代用しています。)

# /sbin/dmesg | sed -n '/^wd0/p'
wd0 at atabus0 drive 0
wd0: <QEMU HARDDISK>
wd0: drive supports 16-sector PIO transfers, LBA48 addressing
wd0: 20480 MB, 41610 cyl, 16 head, 63 sec, 512 bytes/sect x 41943040 sectors
wd0: 32-bit data port
wd0(piixide0:0:0): using PIO mode 0
#

ここで、ディスクのジオメトリの情報をメモしておきましょう。上図では以下の様になります。

  • ヘッド数: 16
  • トラック辺りのセクタ数: 63
  • 総シリンダー数: 41610
  • 全セクター数: 41943040

まだ、続きます。