NetBSDの動作条件

2010年9月に、さくらのVPSのサービスが始まったときに、さくらのVPSにFreeBSDをインストールするという記事に触発されてNetBSDもトライしましたが、途中でファイルシステムが不意に壊れるという現象に当たって断念していました。

ところが、こーやって動いてるというのを@naobsd氏に教えてもらって、改めて試して3度目にして本契約にまでたどり着きました。NetBSDが動作するための前提条件は現状では以下のようになっています。

  1. NetBSD/amd64 はマルチプロセッサーの動作を抑止して起動
  2. sys/arch/x86/x86/mpacpi.cにパッチが必要
  3. wm(4)についてsys/dev/pci/if_wm.cにパッチが必要

残念ながら、2.と3.はNetBSD current 5.99.56でも必要、おそらく5.99.58(これを書いてる時点でのcurrent)でも必要でしょう。

シングルプロセッサーでの動作指定

NetBSDは5.0辺りからはマルチプロセッサーの動作を止めるにはboot.cfgの設定、言い替えれば起動時のオプションの指定でき、カーネルを作り直すといった必要はありません。