サウンド・オブ・ミュージック

(コメント: 0)

2012年1月2日は昼から、奥様と大阪四季劇場でサウンド・オブ・ミュージックを初観劇。

サウンド・オブ・ミュージックは、子供の頃と比較的最近にもレンタルしたDVDで観た映画の印象が強いので、どうしてもそれと比較してしまった。映画は174分もの長さがあるため、どうしても短縮番的なイメージが出てしまう。けれども、ミュージカルとして決して劣るわけではなく、短い時間で頑張った、子供向けにも良い作品と思う。

ネタバレになるようなストーリーの細かな違いなどは触れないけれど、素晴らしかったのは子役達。末っ子のグレーテル役の子は小さいにも関わらず、劇団四季の母音発生に則った発生を頑張っていたし、下から3番目のブリギッタ役の子は長い台詞を実に上手に演じていた。

そしてマリア役の笠松 はる、初々しい感じがマリアのイメージと合っていた。

なお、史実との違いについてはWikipediaの記事が参考になるだろう。

戻る

コメント

コメントを追加

7と1の合計は何ですか?

Copyright © 2011-2024 Takahiro Kambe all rights reserved.