特定秘密保護法案

(コメント: 0)

特定秘密保護法案が通過しそうなところだが、

  • 参議院の委員会で野党の委員長等を解任した上で審議を進める。
  • 形だけのような公聴会を終えて進める。

何故ここまで急いで、この有権者にとって欠陥だらけな法案を通さないといけないのか、何かあるのだろう。

必要なのは特定秘密の保護ではなく、政府や政府機関が持つ情報を保護する法案である。

  1. 秘密な情報といったものが必要な場面は確かにあるだろう。
  2. それが何故現行の法案で守られないのかの説明は必要である。
  3. 仮に秘密を設定する場合が出たとしても、
    • 30年といった有限の期間の後に最終的に公開するまでの流れを確定する。
    • それ以前に勝手に情報を破棄しない、デジタル化するといった形で情報は保存できる。

こういった議員を選んだのは国民自体なのだが。

戻る

コメント

コメントを追加

5プラス5を計算してください。

Copyright © 2011-2024 Takahiro Kambe all rights reserved.