FREQUPSの新製品: FW-Jシリーズ

(コメント: 0)

三菱電機の小電力、コンパクトな無停電電源(UPS)のFW-Fシリーズを愛用しています。1999年から発売されているFW-F10に続いて、2012年4月頃に発売されてあFW-F10Hシリーズが発売されて、その頃に関西*BSDユーザ会の研究会で実物を比較した発表をしたりしていました。

そのときの資料はこちらでも公開していて、後でFREQUPS FW-F10Hシリーズにまとめました。(公開し忘れていました。)

この度、FW-Fの少し上位版となるのか後継版となるのかはわかりませんが、FW-Jシリーズが発表されました。

  1. 矩形波出力ではなく、正弦波出力になっています。
  2. FW-10Hまでは電源を入れたときだけセルフテストを実行していましたが、これを日数で指定できるようになりました。
  3. 筐体の大きさは現行モデルと変更ありません。
  4. ディップスイッチが廃止されています!!
  5. FW-10Hでは350VAと500VAのモデルがありましたが、500VAのモデルだけとなっています。もっとも、この2つはバッテリーは同じで、出力可能な電力の違いでした。(言い替えれば、350VAの方がバッテリー運転の時間は長いのです。)
  6. 今のところ価格は不明です。

ディップスイッチがないことは、既に公開されているマニュアルのPDFを読んでいて気が付きました。これは大きな課題だ!

戻る

コメントを追加