Contao 3.0.0がリリース

(コメント: 0)

ベータ版がリリースされたときの予定の9月より1か月遅れの10月中である、2012年10月30日付けでContao Open Source CMSのバージョン3.0.0がリリースされた。

Contaoはオープンソースとして公開された2006年3月の時点でメジャーバージョンは2で、それ以来初めてのメジャーバージョンを更新したリリースとなる。メジャーバージョンの更新は裏を返せば大幅な変更というわけで、バージョン2.11.6からアップデートする場合には注意が必要だ。

Contaoはウェブサイトとして見てもらうフロントエンドと、ウェブサイトのコンテンツを管理するバックエンドが、完全に別れた設計となっていて、この点はContao 3でも変更はない。実際に、3.0.0のバックエンドをアクセスすると基本的な鋼製は殆ど変わっていないとわかるだろう。(既に公式サイトからアクセスできるオンラインのデモサイトは3.0.0となっている。) もちろん、コンテンツを管理する機能の他、細かなユーザーインターフェイスを含めた改善がなされている。

さて、2.11.6からのアップデートについてだが、本体はドキュメントなどの手順を追えば問題は殆どない。足を引っ張るというかハードルになるのは機能拡張の対応である。Contao 2.11.6に対応している機能拡張は650前後あり、3.0.0に対応しているものも既に100を超えている。とは言え、実際に使っている機能拡張が3.0.0に対応していないと移行は難しい。

バックエンドの使いやすさや、内部設計の変更で確実に性能は向上しているので、早いところ移行したいのは山々なのだが。

戻る

コメントを追加