起動用ディスクイメージを使った起動

見出しの「起動」が冗長ですが、いよいよ起動用ディスクイメージの作成のファイルをVPS上に持っていって作業を行います。

ディスクイメージの転送

さくらのVPS(v3) 1Gに標準で載っているCentOSは以下のようなパーティション構成となっています。

  • /boot
  • /
  • swap

イメージのファイルは通常のユーザーのホームディレクトリ、つまり / のファイルシステムに disk.img を転送します。

イメージの書き込み

転送したファイルをディスクに書き込みます。上書きされることになる /boot のファイルシステムをアンマウントしてから書き込みます。

# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/vda3              97G  1.3G   91G   2% /
tmpfs                 499M     0  499M   0% /dev/shm
/dev/vda1             251M   32M  207M  14% /boot
# umount /dev/vda1
#

そして、dd(1)を使ってディスクにイメージのファイルを書き込みます。これを行うと、VPSの再インストールをしないと戻れない状態になります。

# dd if=disk.img of=/dev/vda
16384+0 records in
16384+0 records out
8388608 bytes (8.4 MB) copied, 0.600124 s, 14.0 MB/s
#

再起動

dd(1)による書き込みが終わったら、とっとと再起動します。ここでreboot(8)に-fオプションを指定して、余計なshutdown時のスクリプトを実行しないようにします。

# reboot -f
md: stopping all md devices.
e1000 0000:00:03.0: PCI INT A disabled
Restarting system.
machine restart

さて、これでうまくいっていてればNetBSDのインストールカーネルが立ち上がってきます。

>> NetBSD/x86 BIOS Boot, Revision 5.9 (from NetBSD 6.0_BETA)
>> Memory: 631/1047552 k
 
     1. Boot normally
     2. Boot single user
     3. Disable ACPI
     4. Disable ACPI and SMP
     5. Drop to boot prompt
 
Choose an option; RETURN for default; SPACE to stop countdown.
Option 1 will be chosen in 22 seconds.